概要

わかるまでくり返す学習で苦手を克服
外国人講師による英会話教室も好評

ショウイン式では、パソコンが「教える」講師役なら、先生は子どもたちの力を「育む」コーチ役。一人ひとりのやる気を引き出し、つまずいている子どもには、自分で答えを導き出すための的確な指導を行う。塾長のニルセン明子先生は、イギリスに住んでいた経験もあり英語が堪能。阿武野校では外国人が講師を務める英会話教室も併設しており、成績アップはもちろん、グローバルな視野を持つ子どもたちの育成にも力を注いでいる。

①わかるところから始める②わかるまで先に進ませない③わかるまでくり返す、これを3Wの法則と名づけて教育理論をまとめ、最適なプログラムを開発したのがショウイン式の学習法。子どもたちの教材となるパソコンやタブレットを使い、一人ひとりのレベルに合わせた豊富な演習問題を3Wの法則に従って楽しみながらこなしていくことで、苦手を克服しつつ基礎学力を徹底的に鍛えあげていく。

インプットした情報(知識)をより確実に定着させるためには、アウトプット、つまり書いて覚えることが不可欠。だから、答えを導くまでの過程や、暗記したい単語などをノートに書かせるのもショウイン式の重要なポイント。より確実な学力の定着が図れるとともに、自分なりのノート作りにも役立てることができるという。

授業には、月~金まで毎日通える「通い放題コース」もあり、学習習慣が着実に身につけられると人気。また、阿武野校は英語に強いのも特徴で、通常の授業に併設の英会話教室「MEEK SPEAK」の授業をプラスすることができるほか、英検対策講座などもオプションで受講することが可能。

パソコンやタブレットが教材となるショウイン式では、入塾したらまずわかるところから楽しく勉強をスタート。わからない問題につまずいたら、うやむやのまま先には進ませず、パソコンが教えてくれるヒントをもとに、自分の力で、時には先生のアドバイスを受けながら問題を解き進めていく。「自分で解けた!」という達成感から、自然に自立学習能力が身について学力も飛躍的に向上。パソコンが自動採点及び分析を行うので、学習の進捗状況を徹底して見守ることも可能に。

小中高のすべてのコースに、併設の英会話教室「MEEK SPEAK」の授業をお手頃価格でプラスすることができる。講師を担当するのは、英語はもちろん、ノルウェー語、スウェーデン語、デンマーク語が話せるダニエル先生。日本語は勉強中とあり、授業での会話のほとんどが英語。ダニエル先生とのコミュニケーションを楽しみながら、自然に英語力を身につけることができると、入塾生のほとんどが英会話つきコースを受講しているそう。